Skip to Content
Search

工事安全対策

工事中、Metroはコミュニティと作業員の安全を最優先します。地域コネクタ工事安全アウェアネスプログラムは工事現場近くの安全な行動を促進するために、そしてプロジェクトエリア内の学生や老人などの関係者の工事安全意識を高めるために積極的に活動を実施します。この活動は学校ベースのプログラム、コミュニティアウェアネスキャンペーンと教師のためのクラスカリキュラムを含みます。プログラムに関する更新情報、資料や文書を定期的に確認し、以下の安全に関する助言に目を通してください。

工事現場はとても危険なので、近づく際には十分注意を払うようにしましょう。以下は安全を守るための10のルールです:

  • 可能な限り、工事エリアには近づかないようにしてください。重機械と瓦礫は危険な場合があります。
  • 工事現場または建設機械、砂山と作業現場の周囲で歩いたり、走ったり、または遊んだりしないでください。
  • 歩道または指定された通路で歩くようにしてください。歩道の終点を告げる標識に注意し、一時的な歩道のための通知や標識に注意を払うように心がけてください。
  • 気が散るのを防ぐために、携帯、ヘッドフォン、ゲームやその他の携帯デバイスを工事現場で使用するのは避けてください。周囲に気を十分に配ることで事故のリスクを減らすことができます。
  • 砂ぼこりで目が見えなくなることがあるため、ブルドーザーやダンプカーなどの工事車両に注意するために周りをよく見て耳を十分にすませましょう。車両の突然の停車や大幅なターンなどに注意しましょう。
  • 周りをよく見て、周りからも自分が見えるようにしましょう。道を渡るときは必ず交差点を渡るようにし、運転手とアイコンタクトを取りながら工事車両にも注意を払うようにしましょう。
  • 速度を落としながら歩行者、スケートボードまたは自転車のための通路を示す標識に従いましょう。
  • 頭上だけではなく、工事現場の周囲全体と落下物にも注意を払いましょう。風で落下物の方向が変わる場合があります。
  • 工事現場の標識やプロジェクトに携わる作業者による指示に従うようにしてください。
  • 交通コーン、工事用フェンスと金網フェンスがあるエリアには立ち入らないようにしてください。

Español | English | 한국어

Share this page on
Advertisement
Close Search Window

Search metro.net, The Source, and El Pasajero